Chest Voiceチェストボイスとは

チェストボイスのトレーニングと方法

チェストボイスの画像
  

チェストボイスってなに?

あまり日本では聞きなれない言葉ですが、チェストボイスはチェスト(胸)を響かせる歌い方という意味があります。

胸を響かせるといっても、あまりピンとこないので、どんなときに使うかというと、地声の高さの歌を歌っているときに、ボーカリストがよく使う発声法です。

胸や背中やお腹まで響かせることで、 歌声に深みがまし、魅力的な声になります。

  

チェストボイスが大事な理由

それは、チェストボイスが、歌の中で一番多様する テクニックだからです。

高音部分がよく出ても、それ以外の部分が魅力的に聞こえないと、その歌を、長時間、聞きたいとは思わないでしょう。

チェストボイスがうまく発声できていないと、 裏声がいくらきれいに出せても、 薄っぺらい歌に聞こえてしまいます。

土台となるチェストボイスをボイストレーニングで、 しっかりと安定させることが大事です。

  

どんな練習をするの?

まずは、身体のどの部分に響かせるかを理解していきます。

鼻腔共鳴(びくう、びこうきょうめい)といい、鼻の奥にある共鳴腔(きょうめいくう)と呼ばれる空間に声を響かせる発声法を使います

鼻の穴って空洞になってますよね?そこに声を響かせるのです。

もっとわかりやすくいうと、地下通路やトンネルって声や足音が響く経験がありませんか?

音は空洞に反射して響きが豊かになる性質があります。そこで一番身近にある自分の鼻腔を使って共鳴させるんです。

初めはこの説明を聞いただけでは、よくわからないと思います。

実際に講師に目の前で、鼻腔共鳴を使う発声と、鼻腔共鳴を使わない発声を聞き比べることでこの意味が理解できると思います。

響きの豊かさが明らかに違います。

  

鼻腔共鳴ができるようになれば次は?

初めにチェストボイスとは、胸に響かせる発声法だと説明した通り、鼻腔共鳴のコツを掴んでこれたら、その次はその響きを胸に落とします。

鼻腔共鳴の響きの感覚を残したまま、同時に胸のあたりも響かせるように意識します

うまく胸に響かせるためには喉を開くことも大事です。胸あたりに手を当ててみて振動が感じられるか試してみてもわかりやすいと思います。

  

実際に体験してみよう

ただここまで理解できた方も、実際すぐ出来る簡単なテクニックではありませんので、ネットだけで独学で練習するには少し不安があります。

独学でチェストボイスを理解したと言われる方もいますが、そのほとんどは少し響かせることはできても、歌の中で、安定してチェストボイスをコントロールできている方は少ないです。

本当に正しいトレーニングを重ねた人の歌声を間近で聞くと、その意味がわかると思います。

素人とプロの違いはこんな文章を見て理解するだけで、埋められるものではありません

PEACEのボーカル講師の歌声を実際にレッスンで体験した人は、響き方がこんなに違うんだ、と驚かれています。

独学で出来たつもりになっていたことに気付いて、ボイストレーニングの大切さを理解し、一からボイストレーニングに励まれています。

間違った癖があれば、正しいトレーニングを学ぶ際に、その癖に戻りやすい傾向がありますので、できるだけ悪い癖が付かないように、ネットの情報だけで、間違ったボイストレーニングをやりすぎないようにお気をつけ下さい。

ボイストレーニングトップページ 体験レッスンについてもっと詳しく見る
ヘッドボイス
ヘッドボイス
ヘッドボイスってなに?次のページで詳しく説明しています。
続きを読む
ミックスボイス
ミックスボイス
ミックスボイスってなに?次のページで詳しく説明しています。
続きを読む
チェストボイス
チェストボイス
チェストボイスってなに?次のページで詳しく説明しています。
続きを読む

Contact お問合せ

体験レッスンの予約はこちら

体験レッスンお問合せ

LINEで体験レッスン予約

友だち追加

よくあるご質問

よくある質問にお答えします。大阪の音楽教室ピース

どんなレッスンか気になる方はこちら!
体験を予約する(簡単フォーム)

体験の予約
はこちら